アグレミーナ浜松|浜松のフットサルチームアグレミーナオフィシャルウェブサイト

ニュース

【スクール】U-9フットサルリーグ西部支部予選大会結果

いつもアグレミーナ浜松フットサルアカデミーへのご理解をありがとうございます。2019年6月15日(土)に実施されたU-9フットサルリーグ西部支部予選の結果をお知らせします。

 

S__14680069

 

◆U-9

アグレミーナ浜松〇 6-1 大須賀

アグレミーナ浜松〇 8-1 都田

アグレミーナ浜松〇 2-1 浜松スリーク

 

◆岡島工コーチより

この年代において指導者陣としては「勝敗以上に各選手の成長」に重きをおいています。

1,2試合目の中でどんな事に「チャレンジできたか」?

3試合目ではどういったプレーを「自らの判断」で選択しようと考えたのか?

U-9年代において、子供たちの今後を長い目で見たときに、コーチの指示通りに動くことを求め過ぎるのではなく、個々が自らの状況判断で動こうとする、そういった挑戦や細部の気持ちにまで目を向けてあげる事が必要だと考えています。そのプロセスを踏むからこそ、コーチの指示には「目的」があることを理解し、それを自発的に表現することができる選手へと成長するのだと思います。

また1,2試合目のように点差が開く試合と、3試合目のように緊迫した展開の試合とでは、選手たちが得るものは全く異なります。ですから、先日の3試合は非常に良い経験になりました。

良い要素を持った選手が多くいる学年ですが、まだまだON/OFFの切り替えが難しいのも、この年代の特徴です。楽しむということは=遊ぶ、ということではありません。メリハリをつけて「試合や真剣プレーを楽しむ」「フットサルを夢中に楽しむ」ことに目を向け気付きが得られるように、コーチ陣も指導をしていきたいと思います。引き続き宜しくお願いいたします。

 

◆鷲北一輝コーチ

選手、保護者の皆様、試合お疲れ様でした。今回の試合は、選手たちが全試合を全力で戦った結果、全勝することができました。

「選手のみんな、おめでとう!!!」

試合で得る(特に3試合目のような拮抗した試合)経験が、選手たちの成長に繋がります。そして、敗戦から学ぶことも絶対にあります。

今回3勝することができましたが、僕たちコーチは、勝利の結果以上に大切にしたいことがあります。

それは、成長過程の子供たちに対して「コーチが指示をして勝たせる」のではなく、「緊迫した試合の中で子供たちがどういう判断をして、どういうプレーをするのか」ということです。コーチ側が指示を出し続けることは非常に簡単ですが、子供たちが何を判断してそのプレーを選択したのか、ということをコーチ陣は観察分析し、褒めたり提案したりすることも大切な年代であると考えます。

彼らが中学、高校、大学に上がった時に本当に必要となる自己判断力を、いま失わせないように、そしてプレーの選択肢を広く持ち、意味を持ったプレーをしようとする選手になるように僕たちも工夫をして指導をしていきます。保護者の皆様は、子供たちなりの全力でフットサルに取り組む姿を温かい目で見守ってあげてください。

そして僕たちコーチも、この試合から得られたことをしっかり共有して、またスクール練習から指導をしていきたいと思います。

 

◆保護者の皆様へ

選手・保護者の皆様、共にお疲れ様でした。悪天候や直前での会場変更がありましたが、皆様のご理解と円滑なご対応で試合に出ることができ、ご協力に心から感謝申し上げます。

次の試合は7月6日(土)の予定です。試合前練習は7月1日(月)天王コートとなります。まだ試合当日の詳細は出ていませんが、ご協力をよろしくお願いいたします。次の試合まで、スクールのクラスの仲間と練習がんばりましょう!

 

一覧へ戻る

AGLEYMINA TWEETS / アグレミーナ浜松ツイート

AGLEYMINA TWEETS / アグレミーナ浜松プレイヤーツイート